税理士を頼る必要性

税理士の仕事の主なものは税金に関わる相談、助言、手続き代行などです。税金には国税と地方税があり、税の種類は、多種多様です。個人の給料などの所得や家屋敷などの財産あるいは証券取引等により得た利益に課税されるものがあります。家族構成や医療費など個別事情に応じた控除が適用され税金が計算されます。法人であれば年間の利益にかかるものもあれば、売買においてかかる消費税などがありますが、事業活動に必要な設備などの経費に応じて様々な特例が適用され税負担が決まってきます。

税に関する制度は非常に複雑であり、毎年のように制度が変更されています。経済動向を踏まえながら、個人や企業の個別事情になるべく対応するよう制度が細かく設計されているためですが、このことから、専門家以外の個人にとっては理解するのが難しいものとなっています。そこで専門家である税理士が頼りにされます。税理士の仕事というものは、お金に関わるあらゆる範囲に精通することが求められます。会社設立を成功させるためには、法人に関わるお金の流れすべてを知っている必要があります。税は利益にだけかかるものではないのと、会社経営が始まると収支管理、資金管理がカギであり、このとき、税から逃れることはできないためです。多くの企業経営者は経営に集中するために、顧問税理士を雇っています。

本サイトでは、税理士の仕事のうち、会社設立に当たって、どのようなことを税理士が行うのか説明します。